【盗塁抑止】上手い捕手のおしゃれキャッチャー道具

キャッチャーってかっこいいですよね。

野球でがっつり防具を装備しているのは扇の要キャッチャーだけです。

ぼくはキャッチャーの身なりを見て盗塁にトライするか判断します。

そんな盗塁抑止力もあるキャッチャー道具の選び方とはどういるものでしょう。

スポンサーリンク

いいキャッチャーは道具にこだわる

強いチームのキャッチャーはすぐにわかります。

それは装着している防具、マスクやプロテクター、ミット等のキャッチャー道具がもれなくかっこいいです。

色遣いやメーカー、型などこだわりが垣間見える道具を使っているんですよ。

こういう道具を使っているキャッチャーはまあいいキャッチャーの可能性が高いです。

チームのものという可能性もありますが、構え方やキャッチングやセカンドへのスローイングを見ればもうだいたいわかります。

ちなみにキャッチャーミットの型付けについてはこちらから

上手いキャッチャーの道具は色使いがいい

上手なキャッチャーはまあオシャレな道具を使っています。

2~3色の配色で、単色というのは珍しいです。

ミットも紐の色や捕球面等数色のカラーリングがされており、派手ではありませんが決して地味ではないかっこよさがあります。

高校野球で使用するような単色で、黒か紺色の防具だと正直あんまりかっこよくないですね。

こういう防具を付けているキャッチャーは隙がある可能性があるかもしれません。

ヘルメットにも注目

キャッチャーのヘルメットって二種類あるの知ってますか?

つば付きとつば無しです。


5%引クーポンあり ミズノ ヘルメット キャッチャー用 野球 軟式捕手用 1DJHC201


ミズノ 硬式野球 ヘルメット 硬式ヘルメット キャッチャー用つば付き MIZUNO 1DJHC102

高校野球まではつば無しですが大学野球から先はつば有りのヘルメットをかぶっているキャッチャーが多いです。

なんでつば有りのヘルメットをかぶっていると、大学以上でキャッチャーをしていた可能性があるなと、いいキャッチャーの可能性高いなと言う印象です。

キャッチャー経験者以外なら知らないような話ですよね。

ちなみに最近流行のアメフト型のキャッチャーマスクは使用感やカッコよさは正直微妙なんでこれを付けててもいいキャッチャーとは思いませんw

キャッチャー御用達メーカーは?

キャッチャー道具と言えばこのメーカーと言うのがあります。

このメーカーの道具を使っていたらいいキャッチャーの可能性有です。

HATAKEYAMA

プロ野球選手も使用している人が一番多いのはこのハタケヤマさんです。

ミットからプロテクター、レガースまで全部かっこいいです。

この道具を付けていると一目置けます!


送料無料 2017年展示会限定 ハタケヤマ HATAKEYAMA 軟式用キャッチャー防具 3点セット CG-N17 3色展開


【お得・クーポン配布中♪12/1スタート】野球 グラブ グローブ 一般軟式用 ハタケヤマ HATAKEYAMA キャッチャーミット 捕手 右投げ用 Aバック シェラムーブ

ZETT

これまた王道メーカーですが、プロ野球選手も多く使用しているZETTさん

プロテクターは最近流行の巨人小林捕手が使用している前掛けみたいなタイプがあります。

あれショック吸収率がすごく高くていい防具みたいですよ!


ゼット ZETT 軟式防具 3点セット プロステイタス ネイビー/レッド Z BL308 2964


【あす楽対応】ゼット(ZETT) BRCPRO222 軟式用キャッチャーミット(捕手用) プロステイタスオーダー 10%OFF 限定品 野球用品 2018FW

スポンサーリンク

ベルガード

プロテクターといえばベルガードという程最近来てるベルガードさんです。

アマチュア中心に使われていましたが、最近ではプロ野球選手を始めメジャーリーガーも使用している程です。


送料無料 ベルガード BELGARD ソフトボール用 キャッチャーセット オーダーカラー 4点セット ネイビー×レッド×ホワイト 収容バッグ付き


【あす楽対応】ベルガード 野球 軟式キャッチャーミット BELGARD 中学生〜大人用 BM195

まとめ

いいキャッチャーはいいキャッチャー道具を使います

ミット、プロテクター、レガース、ヘルメット、マスク等カラーリングを始めこだわりが強くかっこよく着こなします。

特にヘルメットはつばが有るか無いかで違いがあり、つば有りだとできるキャッチャーかなと疑います。

キャッチャー道具のおすすめメーカーはHATAKEYAMA、ZETT、ベルガードが非常にいいです。

いいキャッチャー道具を身に付けていると盗塁しようか迷います。

そういう意味でも盗塁抑止力があるのかもしれません。

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク