【マナー】楽しく野球の試合をするための礼儀とは?

草野球と言えど、試合ではしっかりマナーを守って欲しいところです。

気持ちよく楽しい試合にできるか、イライラしながら試合するかはお互いのマナー、礼儀が守れているかによります。

しかし草野球は野球経験者でない人もいますので、マナーって何かわからない人も多いので、最低限のマナーについて紹介します!

スポンサーリンク

グランドに入る時は帽子を取って一礼する

基本と言えば基本なんですが、グランドに対して感謝の気持ちを忘れないというのが大事ですね。

グランドに入る時と出る時は脱帽して一礼するだけで相手からの印象は全然違います。

あるいは打席に入る前にピッチャー、キャッチャー、審判に一礼するようにしましょう。

ぼくのチームメイトは自分の守るポジションに走っていき、守る前に帽子を取って一礼します。

そこまではしなくてもいいですが、そういう気持ちを持つというのは非常に大事なことです。

相手チームには元気よく挨拶をする

相手チームと試合中バチバチになるのはわかりますが、グランド外では人間対人間です。

試合開始の挨拶はもちろん、試合前グランドに到着した時に会った時にしっかり挨拶しましょう。

そして終わった後、負けたとしても悔しい気持ちを噛み殺しいい試合をしてくれた相手に感謝の言葉を伝えましょう。

草野球の試合が楽しく終わるか嫌な感じになるかは、この相手と気持ちよくプレーできるかにかかってます。

試合後はベンチをすぐに片付けグランド整備

試合終了後はダラダラせずに、ベンチを片付けます

次の試合のチームが待機しています。

すぐに片づけた後はみんなでグランド整備をしてください。

ここでモタモタしているとやはり印象が悪いです。

最後の最後まで気持ちいいチームだったと思ってもらえるよう気を抜かないようにしましょう。

スポンサーリンク

デッドボール等が当たった時はすぐに謝罪する

たまにいるんですよね、不貞腐れたようなオラついたピッチャー

デッドボール当たっても何でよけないねん!みたいな態度をする人。

あれ感じ悪いですし、大体その後打たれます

当てたピッチャーと一塁手は脱帽して謝罪しましょう。

まあ当たり前ですが、たまにいるんですよやらない人。

同様にクロスプレー等で接触した際にも謝罪をするようにしてください。

相手チームのいいプレーは称賛する

草野球は相手チームも含めてみんなで楽しくプレーした方がいいでしょう。

味方のファインプレーはもちろんですが、相手チームのファインプレーやガッツあふれるプレーを称えるような声出しをすると全体的にいいムードで試合ができると思います。

それと同様に相手チームをいじったりけなすような内容の声出しはしないようにしましょう。

まあお互い知り合いでちょっとからかうような内容くらいなら大丈夫です。

必要以上に大げさなガッツポーズの印象悪いです。

まとめ

草野球と言えど、気持ちよく試合するためには最低限礼儀やマナーを守り楽しくプレーするようにしましょう。

相手チームへの挨拶や、グランド、打席、ポジションに入る時に一礼をする、危険なプレーや好プレーが出た時に相手チームへの声かけ等を意識すれば最低限気持ちよく試合できるチームに慣れるかと思います。

せっかくの日曜日にみんなで予定合わせて集まっているので、最高に楽しく野球しましょう!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク