【破壊力抜群】ビヨンドマックスギガキング02爆誕!従来のモデルとの差は??

ミズノさんのM球対応バットギガキングが発売されて一年程経ちますかね。

新しいビヨンドマックスが発表されています。

その名もビヨンドマックスギガキング02

これまでの進化だと2は重量が増えイボイボが付くような形でしたが今回は違う進化です!

どういう風に違うのか!?見ていきましょう!

スポンサーリンク

ビヨンドマックスとは??

草野球プレーヤーはお馴染みのビヨンドマックスです。

打球部が金属やカーボンではなく、ウレタン素材を使用しているためバットを変形させることで軟球独特のボールの変形を抑えることにより、飛距離を伸ばすというコンセプトのバットです。

その差はギガキングで金属バットの反発係数を23%も上回るほどです。

現状のビヨンドマックスの最新モデル『ビヨンドマックスギガキング』をさらに進化させた新しいモデルが登場するということなんで、そちらを紹介していきたいと思います。

ビヨンドマックスが飛ぶ秘密についてはこちら

ビヨンドマックス ギガキング02

その新モデルがこちら

ビヨンドマックスギガキング02!

ということで、従来の2への進化は重量タイプとイボイボ(バンプ構造)という方向性だったのですが、今回の進化は一味違います

それが2ではなく02という名前にも表れているんでしょうね。

では従来のモデルから進化した部分について見ていきましょう!

打球部のウレタンエリアの拡大

まず打球部のウレタン部分が大幅に広くなっています

これは過去のアドバンスでのウレタン部拡大よりも広く、ミートエリアのほぼ全部がウレタンになりました。

打つ時にウレタン部を気にしなくて良くなるので、かなり打ちやすくなるでしょうね!

さらにこのウレタン部のシートの厚みがかなり分厚くなっているようです。

この分厚さが更なる飛距離を生み出せるという風に謳っていますが反発係数等は表示されていませんので、どのように変わるかは不明ですね。

スポンサーリンク

金属芯の採用

ギガキングはFRP製の芯を使用していました。

いわゆるカーボンの芯ですね。

これが今回のギガキング02では金属性の芯を使用しています。

過去にも金属製の芯を使用したモデルはありましたが飛距離や打感等評判は良く、今回のこの02で金属芯が採用されたことでまたビヨンドが大きく進化したということになりますね!

あとは分厚くなったウレタン部と金属芯がどういった打感を生み出せるかが楽しみではありますね。

金属バットに近い形状

一番の変化はその形状の変化です。

ビヨンドマックスシリーズ特有の木製バットのような先端にかけて徐々に太くなる形状が今回のギガキング02はまるで金属バットのような形状でできています。

グリップからグッと太くなって、その太い状態のままヘッドまで平行をキープするような形状になっていますね。

この形だと多少根元でもいい打球が飛ぶようになると思います。

高校生やビヨンド未使用者等金属バットに馴染みが深い人は違和感なく使用できるかと思います。

まとめ

新しく進化したビヨンドマックスギガキング02の登場です。

これまでと違うのは

・打球部ウレタンエリアの拡大

・金属芯の採用

・金属バットのような形状

の三つですね。

ウレタン素材自体は同じかと思われますが、飛距離にどういった変化が見られるか楽しみですねい♪

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク