【帽子の流行】流行の帽子の形は?つばがまっすぐニューエラ型とは?

野球のユニホームの着こなしって流行があり、数年ごとに新しいタイプの着こなしが出てきますね。

基本的にはメジャーリーグで流行したものが数年遅れて日本に入ってくる形が多いです。

その中で帽子って顕著に型が変わっているのを知っていますか??

高校野球やプロ野球でも流行は見られますが当然草野球でも流行に乗った着こなしをしている選手はやっぱりかっこいいです!

スポンサーリンク

帽子の型の流行の流れ

野球の帽子はあまり注目されることはありませんが、色んな流行を経て今の型になっています。

さらにプロ野球や高校野球でも流行は異なりますので、本当に色んな型があると言ってもいいでしょう。

だいたい流れとしてはメジャーで流行った着こなしがプロ野球で流行り、高校野球でも流行るという流れが一般的です。

また高校野球は規制が多く、一度購入したユニホームは基本的に卒業まで使用することがほとんでなので、簡単に買い替える事ができないため、独自の流行なんかも出てきます。

草野球は日本のプロ野球での流行を受け、採用することが一番多いかと思います。

メジャー好きな人がメジャーの着こなしをマネしたくても日本ではなかなか売っていないので、アイテムを揃えれなかったりします。

アンダーシャツの流行についてはこちら

無造作型

ぼくの知る限り一番古いのはこの型です。

流行と言うよりかは、もう何の型付けも加工もしていないような状態です。

この時代の帽子はつばが短く丸い形状をしています。

帽子自体も浅く、全体的にコンパクトなイメージです。

つばを曲げてかぶらずに真っすぐピンとした型でかぶります。

草野球でも昔ながらの弱小おっちゃんチームなんかでたまーに見られることができます。

つば曲げ前立て型

90年代後半から2000年代くらいまで高校野球で流行ったのがこの型。

とにかくつばをガッツリ曲げます

そして帽子の前の部分を立ててへこみを付けて浅くかぶります

今となってはどういう意味なんか全然わかりませんが、当時高校球児だったぼくはやってました。今見たら変な形でダサいですw

型付けにやたらとこだわって、使ってないときは洗濯ばさみとかで止めて型崩れしないようにしてました。

帽子の型がキレイであること、きれいなかぶり方をしていることが一つのステータスのようになっていましたね。意味はありません。

今でもたまーにこういう型の帽子をかぶっている球児を見かけます。

フィットする丸型

2010年代辺りから流行りだしてきたのが、帽子自体がピタッとフィットしていてシャープなイメージのあるこの型。丸型ともいいます。

つばは曲げすぎず、程よく曲げる程度です。

高校野球やプロ野球はほとんどこの型になりましたね。

かぶりやすいです。

スポンサーリンク

ニューエラ型

数年前から徐々に流行っているのがニューエラタイプの帽子です。

ニューエラって知ってますか?

つばがピンと真っすぐでシールが貼ってあるちょっと大きめの帽子です。

丸型よりやや角ばっているような形です。

プロ野球でも横浜DeNAベイスターズの筒香選手広島カープの菊池選手なんかは早い段階で採用していましたね。

草野球でもちょくちょく見かけます。

ばしっと着こなせていたらかっこいいですね!

ですが正直言って似合わない人はマジで似合いませんw

一歩間違えると90年代前半の無造作型と間違えてしまいます。

ちなみにつばにシールが貼ってあるのは、アメリカの貧困層が購入した帽子をいつまでも新しいような感じでかぶりたいからシールをはがさないでいたのが流行となったそうです。

まとめ

いつの時代も流行はあるんですね。

野球の帽子も色んな流行があります。

その多くはメジャーで流行ったものが日本に入ってきていますが、日本独自の流行もあります。

現在はつばがまっすぐなニューエラ型が流行です。

帽子は安いものではないので簡単に買い替えることはできませんが、チームのユニホームを更新するタイミングや、新チーム結成等のタイミングでしたらせっかくなんでかっこいい型の帽子を検討してみたらいかがでしょう?

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク