【タイミング】コース別のタイミングの取り方の違い

コースの好き嫌いって結構ありますよね。

高めが好きな人、低めが好きな人、内が好きな人、外が好きな人・・・

そのコースによってスイングの始動するタイミングは微妙に変わってきます。

全て同じタイミングで振っていては打てないコースが出てくるということです。

その辺りを少し詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

高め・インコースは早めの始動。

インコースが早めにスイングを始動しないといけないことはポイントが前にあるからです。

詳しくはこちら⇒インコースの打ち方

しかし高めはなぜ早めの始動が必要なんでしょうか?

僕が思うに高めを上手く打つポイントは、高めこそダウンスイングをするということかと思います。

高めのボールってトップの位置と比べても同じかやや高いコースを通過します。

するとバットはアッパー気味な軌道でスイングされることになるんです。

高めに手を出すとフライが上がりやすい人はそれが原因かと思われます。

僕もその一人です。

なので高めをスイングする時はオーバーなくらいダウンスイングを意識してみてください。

となるといつもより上の軌道をバットが通過するのでやや遠回りになります。

よって早めの始動が必要になってくるということなんです。

あくまで持論ですけどねw

低め・アウトコースは遅めの始動

アウトコースはポイントを手前にし、引き付けて逆方向というのがベストな打ち方です。

詳しくはこちら⇒アウトコースの打ち方

そして低めなんですが、低めの球はそのまま打ちに行くと最短距離でダウンスイングになります。

なので同じタイミングで打ちに行くとやや泳いでしまいかねません。

ギリギリまで引き付けて最短距離でバットを出します。

低めの球ってダウンスイングで捉えているのでバックスピンが良くかかりグングン伸びていきます。

低めを捉えて弾丸でスタンドインとかけっこう気持ちいですw

スポンサーリンク

まとめ

以上の点を踏まえると各コースの始動のタイミングはこのようになります。

色の濃い方が始動が早く、

色の薄い方が始動が遅いという意味です。

インコース高め・・・始動が早い

真ん中高め、インコース・・・やや始動が早い

アウトコース高め、真ん中、インコース低め・・・標準

アウトコース、真ん中低め・・・やや始動が遅い

アウトコース低め・・・始動が遅い

というようなグループ分けができます。

インコース高めは一番スイングの始動を早くしアウトコース低めは一番スイングの始動を遅くするということになります。

全員このタイミングが当てはまるかはわかりませんが、一度意識してみてください。

けっこう上手いことタイミングを合わせることができると思いますよ!

スポンサーリンク