【打率を上げる】初球打ちのススメ メリットは?

甲子園を見ていると初球から積極的に打ってくる打者が多いですね。

先頭打者がサイレン鳴りやまぬうちに快音を響かせる。

初球ホームランとかかっこいいですよね!

初球打ちって一見危険な気がしますが、メリットは多いんです。

初球の打ちのススメということで色々考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

初球打ちとは? メリットは?

初球打ちと言うと一球目を打つことと捉えがちですが実はそうじゃないんです。

何でもかんでも振りに行ったらいいってわけじゃないんです。

初球=ファーストストライクと考えてください。

プロ野球でもそうですが、初球を打つ初球打率は通常の打率より高くなる傾向があります。

例え打ち損じてファールになったとしても、あと2球チャンスがあるので結果に繋がりやすくなります。

ファーストストライクを見逃して1ストライクから振りに行くと1球ファールになるともう追い込まれますもんね。

また相手チームからしても初球を必ず見逃してくれるバッターは組み立てやすく打ち取りやすいと感じるはずです。

コツとしてはストレートを狙ってタイミングが合えば多少ボールでもフルスイングでいいと思います。

投手目線で考える

できるだけストライク先行で運びたいのが、マウンドにいるピッチャーの心理でしょう。

初球ストライクならピッチャー有利で強気な配球を組み立てれますからね。

となるとファーストストライクは甘く入ってくることが多いんですよね。

1打席で投球されるボールの中で一番甘くなるのは初球、ファーストストライクであることが多いです。

逆に2ストライクまで追い込んでしまうと変化球やアウトローの厳しいところにガンガン狙っていけるので追い込まれた時の打率って低くなるのです。

凡打した後、

ああ、初球のストライク打っとくべきやったな~・・・

とベンチに帰る経験ありませんか?

僕は良くありますw

スポンサーリンク

状況を考える デメリットは?

だからと言って初球ポンポン手を出して3球でチェンジとか相手の流れになってしまいますので、そう簡単なものではありません。

まずピッチャーをしっかり観察することです。

初球甘い球でストライク取ってくるタイプなのか?

荒れ球なのか?

変化球から入るのか?

色んなタイプがありますので、必ずしも初球を打つのが得策というわけではありません。

初球打ちは打率こそ上がりますが、しょうもない凡打で終わると味方の士気を下げる諸刃の剣になりかねません。

状況判断は大事です。

打たなくてもボールだったら有利になる

いや~、それでもやっぱり初球打つのは・・・

と言う人、初球打たなくてもボールになってくれさえすればいいと思います。

それだけで打者有利のカウントになりますので。

その場合初球だけホームベースギリギリに構えて投げにくくし、ボール球を誘うというのも一つの作戦になります。

2球目以降のファーストストライクを狙っても全然いいわけですから。

配球も読みやすくなりますので、そういうスタイルでもいいと思います。

まとめ

初球は甘い球が来やすく、ファーストストライクを打つことで打率は上がりやすいです。

ただ、初球振ってピッチャーゴロとかですと味方の士気が下がってしまいますで注意しなければなりません。

しっかり状況やピッチャーの配球を考えてトライしてみましょう!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク