【2018夏の甲子園】注目の選手特集!

いよいよ明日から夏の甲子園が始まりますね!

今年の夏はプロ注目の良い選手がたくさんいます!

また春の選抜で活躍した選手の成長を見るのも見ものですね!

注目選手をしっかりチェックして試合を見ると面白さも全然違います。

是非覚えておいてください!

スポンサーリンク

根尾昂選手 大阪桐蔭


右投げ右打ち

180㎝

67㎏

中学校の時から有名な選手です。

両親はお医者さんで、自身はスキーの才能もあります。

さらに成績優秀、黒板消しも進んでするという人間性。

野球は打撃良し、足も速く肩も良い。

投手としてはMAX146㎞をマークする他、遊撃手、外野全般の他三塁手もこなします。

二刀流どころではないですよね。素晴らしい才能で色んな可能性を秘めています。

この夏大注目の選手です!

藤原恭太選手 大阪桐蔭


左投げ左打ち

175㎝

81㎏

一年製の春から1番打者として甲子園で活躍した外野手。

現在は史上最強とされる大阪桐蔭高校の4番に堂々と座る高校最強スラッガー。

複数球団の一位指名が予想されています。

柿木蓮 大阪桐蔭


右投げ右打ち

181㎝

87㎏

強豪大阪桐蔭のエースナンバーを背負う投手。

MAX147㎞で出所が見えにくいフォームと切れのあるストレートはガン表示よりずっと速く見えます。

コントロールは抜群で、安定した投球で試合を作ります。

山田健太選手 大阪桐蔭


右投げ右打ち

183㎝

83㎏

主に6番、7番を打つも4番も打てるポテンシャルもある恐怖の二塁手。

イケメンでも話題になってます。

小園海斗選手 報徳学園


右投げ右打ち

178㎝

73㎏

一年春から1番ショートで出場。俊足強権の高校ナンバーワンショート。

ドラフト1位候補にもなるプロ注目選手です。

平田龍輝選手 智辯和歌山


右投げ右打ち

183㎝

81㎏

長身から投げ下ろされるキレのあるMAX144㎞のストレート。

鋭く落ちるフォークボールを武器に三振を奪いに行きます。

180球を投げぬくスタミナもあります。

イケメンでも話題になってますね!

林晃汰選手 智辯和歌山


右投げ左打ち

180㎝

90㎏

強豪智辯和歌山で一年春からクリーンナップを打つ大型内野手。

高校通算41本塁打。

プロ野球選手みたいな体ですねw

川原陸選手 創成館


左投げ左打ち

184㎝

78㎏

MAX141㎞のサウスポー投手。

スライダーの切れが良く、チェンジアップで緩急をつけて三振を取ります。

春の甲子園でも活躍しており、ドラフト候補です。

山田龍聖選手 高岡商


左投げ左打ち

182㎝

78㎏

MAX148㎞の本格派サウスポー投手。

細かい制球力は無いが、切れのあるスライダーとストレートでガンガン三振を奪うパワーピッチャー。

プロ注目選手。

野村佑希選手 花咲徳栄


右投げ右打ち

185㎝

87㎏

二年から4番に座る高校通算56本のスラッガー。

アメリカ生まれですが純日本人です。

野村ジェームス佑希というミドルネームをもってます。

まとめ

以上多くの選手を挙げましたが、大阪桐蔭に注目の選手が集まっていますね。

やはり大本命は大阪桐蔭でしょうか。

しかし高校野球は何が起こるかわかりません。

一試合一試合注目していきましょう!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク