【カーブ】緩急を駆使して打者を翻弄する変化球

ここ数年で注目を浴びている変化球の1つはカーブです。

アメリカではブレーキングボールと言われており、有名どころではカーショウがその使い手として挙げられます。

日本でも岸選手や武田選手等多くの投手が持ち玉の1つとして武器にしています。

実は僕はこの変化球が得意です。

打つのも投げるのも得意ですw

それではカーブの投げ方やコツ、使い方等を紹介していきます。

スポンサーリンク

カーブとは?

カーブは昔からある変化球です。

ツーシームやカットボールのような速い球速、少しの変化量の新しいタイプものではなく、大きな変化量で空振りを誘うタイプの変化球です。

トップスピンをかけることで、下〜利き手の逆方向に変化します。

球速は遅い部類で、ストレートより30キロ程遅く、タイミングを外すのに有効です。

緩急を付けるのが得意なピッチャーの多くはこの変化球を持ち玉として持っています。

派生変化球として、

更に球速の遅いスローカーブ

縦方向の変化量が多いドロップカーブ

横方向の変化量が多いスラーブ

人差し指をナックルの握りで投げ、鋭く変化するナックルカーブ

等があります。(プロスピやパワプロで覚えましたw)

全て原理は同じで、手首の角度や握りの違いで変化の仕方が変わってきますが、基本的な投げ方は変わりません。

投げ方

握りは人それぞれありますが、基本的な握りはこんな感じです。

人差し指と中指を揃え、縫い目に添わせます。

ボールの中心からずらして深く握ります。

南半球を包むように握ります。

この握り、最初は不安定でしっくりこないかと思いますが、練習を重ねれば慣れます。

この握りで投げるのですが、リリースの瞬間前腕を外旋した状態で投球します。

本来ストレートや、その他の変化球は基本的にはリリースの瞬間は前腕を外旋させるのですが、カーブは逆です。

ストレートはこのようにリリースの瞬間内旋させますが、この動作がないわけです。

コツは手の甲を打者に向けること。

こうすることで、指からボールが離れる時に強烈なトップスピンがかかります。

親指で弾くひとや、手首を使って回転をかける人もいますが、色々試して自分に合った投げ方を模索してみてください。

リリースする時の手首の角度によって曲がり方が変わります。

手首を曲げ、寝かした状態でロックし投げることで縦回転が強くなり、縦系の変化量が増えます。

スポンサーリンク

手首を曲げずに投げると横回転が強くなり、斜めに滑るようになります。

どう曲げたいか、どの角度が投げやすいか自分の投げやすい角度を探してください。

使い方

ストレートやツーシーム等、速い球速のボールの後に投げると緩急が付き、打者のタイミングを外すことができます。

注意しなければならないのは、インコースのベルト付近には投げないこと。

インコースの甘いカーブはびっくりするくらい打ちやすいです

スタンドまで持ってかれます。

基本的はアウトコースの低めに決まるように投げ、インコースはボールにしてください。

当てるくらいの気持ちで投げてちょうどいいくらいかと思います。

握りが特殊なんで、ストレートより抜けるような感覚があります。

カーブの時はこの辺を狙うという目安を作ると良いでしょう。

コツは

・ホームベース上に落とす意識を持つこと。

・キャッチャーにショートバウンドを取らせるように投げること。

・カーブだからと言ってゆっくりなフォームで投げず、しっかりと腕を振ること。

ゆっくりなフォームになると緩急は付けれますが、フォームでバレます。

また腕を振ることでスピン量が増し、変化量が増え、ブレーキがかかります。

握りに慣れ、ストレートと同じ腕の振りで投げれるよう練習してください!

派生変化球

スラーブ

リリースの瞬間、手首の角度捻りすぎず、やや立てて投げます。

横の変化量が大きくなり、斜めに滑るように変化します。

スライダーと同じくインコースに甘く入ると持ってかれます。

ドロップカーブ

リリースの瞬間手首を大きく曲げロックします。

真下に大きく落ちます。ブレーキはかかりやすく、コントロールもしやすいのでオススメです。

ナックルカーブ

人差し指を曲げ、中指と親指のみで握ります。

曲がる鋭さはかなりのものですが、コントロールしにくいです。

スローカーブ

腕を振ってもスピードが出ないように握りを浅めにし、スピード<スピン量という意識で投げます。

変化量は大きくなりますが、やはりコントロールが難しいかと思います。

打ち方

カーブは変化量が大きいのでリリースの瞬間ボールの軌道が明らかに違います。

上方向に抜けるような軌道が来た場合はカーブの可能性大です。

しかし、ストレートとのスピード差が大きいのでストレートと同じタイミングで待っていると泳ぎます。

カーブピッチャーと対戦する時はカウントや状況によって狙い打ちしましょう!

追い込まれた時はやはりリリースの瞬間カーブとわかるので、カット出来ると思います。

狙い目はインコース

ボールからストライクになるもの、もしくはインコースから真ん中に入ってくるやや高めのカーブ。

これは自分でもびっくりするくらい飛距離がでます。

カーブはトップスピンをかける変化球です。

その回転方向は打者からするとバックスピン。

つまり、より多くのバックスピンをかけられる可能性があると思います。

だから打球が伸びるのかなと。

まとめ

カーブはストレートより少し遅く、落ちながら曲がる変化球です。

ボールの中心からずらして握り、手の甲を打者に向けたままリリースします。

インコースに甘く入るとガッツリ持ってかれる危険性があるので、アウトコース中心に緩急を意識し組み立ててください。

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク