バッティング一覧

【パワーライン】4スタンス別のグローブの型、バットの握り

4スタンス理論はそれぞれの骨格や体形にはそれぞれ得意不得意な動作があり、それを理解することで自身のパフォーマンスを向上させるという理論です。 手の握り方にも特徴があり、力の入りやすい握り方パワーラインというものが存在します。 野球で言うとグローブの型やバットのグリップの握り方に違いがみられると思います。

記事を読む

【ブラックキャノンMAX】弾きの極み 超速ライナーを生み出す新バット

ZETTさんと言えばコンポジットバット『ブラックキャノン』が有名ですが、2019年新発売のブラックキャノンMAXが1月に新発売されました。 高反発でバットに乗せて運ぶタイプのバッターには抜群に相性がいいので紹介したいと思います。

記事を読む

【間合いの同調】相手のリズムに合わすこともずらす事もできる方法

野球というスポーツは相手のリズムに対して自分のリズムをどう合わせるかで結果は大きく変わります。 淡々とこなしていくだけでは間合いは簡単に合わせられます。 逆にこういった間合いは相手の呼吸を読むことで調整する事ができます。

記事を読む

【構えの基本】自分の間合いで打てるバッティングの構え

バッティングにおいて構えって本当に大切です。 プロ野球選手でも毎年のように構えを変える人がいる程です。 この構えが自分に合っていないとその後のバッティングの動作に悪影響があります。 調子が悪い、打てないとなったときにまず一番はじめに疑うのは構えではないでしょうか。

記事を読む

【インサイドアウト】芯の軌道を楕円にすればミート率向上?

バットの軌道、インサイドアウトのお話はこれまでなんどもしてきましたが、バットの芯の軌道についてフォーカスしてみたいと思います。 点で捉えるか線で捉えるかという話はよくされるかと思いますが、それを垂直方面から考察してみようと思います。

記事を読む

【ヒッチとコック】予備動作を使って力強いスイングをする方法

人間は静から動に急に動くことはできません。 無理にしようとすると力みが生じますし、100%のパフォーマンスは発揮できません。 しかしある予備動作を入れることでスイングは格段に速くなります。 それがヒッチという動作です。

記事を読む

【4スタンス理論】自分に合った体の動かし方を知ろう!

人それぞれ体の造りは異なります。 筋肉の付き方、骨格等は十人十色で全く同じ人はいません。 違った身体なのに同じ体の動かし方では合う合わないは出てきますし、合わない動作では結果は出ません。 そういった自分の向き不向きを判別する方法を4スタンス理論と言います。

記事を読む

【アウトロー】困った時の外角低め最強説は本当に正解??

配球、組み立てというのは難しいですね。良いキャッチャーは必ずいいリードをします。 レベルが上がるにつれ勝ち上がるには配球は必須です。 そんな中昔から言われているのが困った時はアウトローに投げるというセオリーです。 果たしてこのアウトローは有効なんでしょうか?

記事を読む

【ヘッドを入れる?】開始時に通れば力の入るスイングの通過ポイントとは?

バッティングにおけるバットスイングをスムーズに行うにはバットのヘッドの軌道がどこを通るかというのが非常に重要です。 プロ野球選手を含めて成績を残している打者の多くはあるポイントをバットが通過したところからスイングが始まります。 そんなスイングに力が入れやすくなるポイントについての紹介です。

記事を読む

【飛びすぎ注意】2019年DeMARINIのK‐POINTがやばい!

ディマリニさんのバットといえば一時期飛び中(飛びすぎ注意)というキーワードで人気を集めたメーカーです。 そのディマリニさんの中でもウレタン素材を使用した2019年の新コンポジットバットK‐POINTについて紹介したいと思います。

記事を読む

1 2 3 4 9